街かどあぐりにしなり よろしい茸工房


よろしい茸の日々の活動をブログ形式でお届けします。

2019.04.12よろしい茸工房とは?

西成のイメージ・・・ 皆さんどのようなイメージを持たれているでしょうか。

昭和古風な町並みを残す西成区のなかで、津守地区は多くの企業が進出しています。

そんな町のど真ん中で「西成をしいたけの町に!」を合言葉に、1800㎡で「よろしい茸工房」を運営させていただいています。

○敷地面積 450坪 

○施設建物面積 
・栽培棟 85坪 ・培養棟 40坪 ・収穫作業室 25坪 ・梱包・加工室 20坪 ・管理棟 30坪 

原木を使う椎茸栽培ではなく、「菌床」を2種類使用して栽培しています。

菌床は、湿度70%の培養室にて90日間熟成され、培養後は、約2週間で収穫可能となります。

全ての作業を手作業で行っており、徹底的な品質管理の下、出荷されます。
「よろしい茸」は肉厚があり、味が非常に濃く、食べ応えがあると評判です。
SHUN*SHOKU LOUNGEBY GURUNAVI グランフロント・梅北広場にて、販売中です!

https://r.gnavi.co.jp/kbwh200/

是非ご賞味ください!

Please Share